アトピー性皮膚炎克服への道 | 己を知る

己を知る

■自分のレベルを知る

「朝起きると突然、全身がアトピー性皮膚炎になっていた!」

コレって、あり得ないですよね。
普通、アトピーと言う病気はこんな風には発症しませんから。
よ~く胸に手を当てて振り返ってみて下さい。
アトピー性皮膚炎と診断されるまでには、それなりの布石があった筈ですよね?
最初は肌がカサカサする程度だったり、ほんの少しだけ痒みを感じたり・・・・

そう。アトピー性皮膚炎と言う病気はジワジワ悪化するのが特徴なんですね 。
そしてあるレベルに達するとパーッと悪化する。
それまでは何度も良くなったり悪くなったりを繰り返すワケですね。

なのでアトピーが治る時のパターンは、この逆を想像するのが良いと思うんです。

残念だけど、アトピー性皮膚炎を1日で完治させる方法なんて本当はないんですよね。
○○を飲んだら、○○を試したら「アトピーが瞬時に消えた!」なんてことは少なくとも
私の場合にはありませんでしたから。(期待はしたんですけどね・・・)

じゃ、アトピーはどんな風に治るのか?
それはアトピーが悪化した過程をじっくり振り返れば大体は想像が付くんです。
つまりアトピーって良くなったり悪くなったりを繰り返しながら悪化するでしょ?
なので「アトピー完治への道」はこの逆。

そう。良くなったり悪くなったりしながら確実に治すんです。これが正解!
実際、アトピー性皮膚炎を治した人なら絶対に分かってもらえると思うんですが、
「朝起きたらアトピーがキレイに消えていた!」なんてあり得ない。
ゆっくり治ってゆくんですよ。

じゃ、「アトピー悪化への道」と「完治への道」の分岐点って何でしょう?

コレ、ステロイド離脱だけに目を奪われていると見事に足元をすくわれますよ。
何故って?その答えはステロイド離脱をご覧下さい。

そこで少し乱暴な分け方だけど、アトピーには5つの段階に分類してみました。
これはまあ私のケースですけど、良かったら参考にして下さい。

・第1レベル

処方されたステロイドを真面目に塗ればそのうち治ると信じている段階。
稀に自然治癒するケースもあるが、大抵はこの段階で生活習慣を見直さないと、
更に悪化の道をたどることになる。肌は乾燥気味だが痒みを感じる時間は短く、
入浴後や発汗後に集中する。もちろん、計画的にアトピーを治す方法を知らないし、
方法を知らないことにすら気付いていない。

・第2レベル

症状が改善しないことから、今までの治療法に疑問を感じる段階。
自分で勉強しはじめるが、氾濫した情報の中で何を信じて良いのか分からない。
西洋医学的なアプローチに限界を感じ、漢方薬や民間療法に走るのもこの段階。
このレベルでは、痒みのために集中力が欠け、日常生活にも支障をきたし始める。
ステロイドの限界を知るが、具体的に何をすればよいのか判らない。

・第3レベル

新たな展開を求め、有名病院やカリスマ医師の治療を受けるが完治には至らない。
相変わらず他人に治してもらうコトを前提に、自分の生活習慣は見直さない。
一方、「胃腸の健全化」に気付き、完治への道を歩む人も少数ながら存在する。
このレベルの特徴は「脱ステロイド」 とにかくステロイドを止めたくて仕方がない。
ステロイド離脱こそ「克服への第一歩」と信じている反面、根治治療には無頓着な
ケースが大半。ステロイド離脱によるリバウンドを体験するのはほとんどこの段階。

・第4レベル

アトピーそのものの悪化と、ステロイドによる副作用のダブルパンチを受けた状態。
身体中からリンパ液が流れ、身動きすることすら出来ないことも・・・・。
痒みによる苦しみだけでなく、痛みと不眠による苦しみが加わる。もやはこの段階では、
本人だけの問題ではなく、家族にも影響が及ぶ。ステロイドを拒絶するが、徹底すること
もできず、やむなく使用するケースもしばしば。

・第5レベル

リバウンド地獄は脱したものの、アトピーそのものが治せない段階。
この段階で初めて、「ステロイド離脱に成功してもアトピーが治らない事実」に気付く。
実際、この段階ではステロイドを使用していない人も多い。
慢性的な症状悪化の為、生活の質を落としたまま、自分らしさを取り戻せない。
既に「アトピーを克服したい!」と言う情熱さえ持続せず、半ばあきらめ気分も。
アトピー関連の掲示板では、「常連さん」になっている人も多い。

■ありのままの自分からスタート

レベルなんて、本当はあまり重要じゃないんですけどね。
大切なのは、現在の自分を客観的に把握することですから。
第5レベルだって、そこからスタートすればいいって話です。(私は第5レベルから)

それから言っておきますけど・・・。
考えているだけ、口だけでは結果は生まれませんよ。当たり前なんですけど。
だからと言って、ガムシャラな行動だけでもダメですよね。(多分)
アトピー性皮膚炎を克服したいなら、克服するための行動を起こす。
ここが大切なんですね。そうしたら結果が付いてきます。(きっと)

「楽して治した~い。」
「誰かに治して欲し~い。」って気持ちがあるなら、そろそろ目を覚ましましょうね。
もう いい加減、「楽して治せる!」なんて幻想は捨てましょう!
自分のアトピーですから・・・。本人が動かない限り情況が変わらないのは当たり前。

確かに「楽して治せる!」って言った方が人は反応します。
で、いっぱい売っているでしょ?いろんなアトピーグッズが・・・。

でもね、しっかり現実を見据えましょう。
「ひょっとすると・・・・」「これでアトピー性皮膚炎が治るなら・・・・」
この認識、ハッキリ言って「甘い!」と思いますよ。まあ気持ちは分かりますけど・・・。
で、結局アトピーとの戦いを制するには自分との戦いに勝つ必要があるのですね。

昔のことわざにあるじゃないですか?
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」って。昔の人は良いこと言いますよね。
で、 「己を知る」って言うのは、「自分を信じること」だと思うんです。
アトピー性皮膚炎を克服のスタートはここからはじまるような気がします。

↑ PAGE TOP