アトピー性皮膚炎克服への道 | ポイントを押さえる

 ――――――――――――――――――――――――――――――――――
■      告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」     第42話
□■      ~アトピー克服を支援するメルマガ~       読者数  10,432人
□□■      関連サイト アトピー完治への道!
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【このメルマガの趣旨】
あなたのアトピー克服をサポートするのが、このメルマガの使命です。
このメルマガは「どうすればアトピーが治るのか?」と言う疑問に対して、 私自身の
実体験をベースに克服の秘訣を解りやすく紹介しています。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
飛鳥です。
秋は天気が安定しませんね。

この時期、肌の調子が良くなる人もいれば、逆に悪化する人もいます。
夏場、汗をかくのが怖かった人。
これからの時期は安心かと言えばそうじゃない。
空気が乾燥すると、また痒くなってしまう。

私の場合もそうだった。
暑ければ汗をかいて痒くなるし、寒ければ皮膚がカサカサになって痒い。
結局、何だかんだ言っても、1年中いつも痒かった。
痒みは辛い。 だから多くの人は、痒みを抑えるためのモノに頼る。

ステロイド、保湿剤、その他アトピーグッズ、言い出せばきりが無い。
たしかに、痒みは辛い。 だからアトピーを完治させる過程でも、痒み対策は必要。
でも、多くの人がココで大切なことを忘れている。
いつまで経ってもアトピーを治せないのは、この「忘れ物」のせい。
この「忘れ物」とは?

さて、今回もはじまり、はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
【本日の目次】
・「治る!」と感じた瞬間
・特別なことは必要無し
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━          ◇◆◇「治る!」と感じた瞬間 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
30歳の時、アトピー完治へ向けて、私のあくなき挑戦が始まった。

当時、私は脱ステロイドによるリバウンドから京都のT病院で入院中だった。
もちろん、 それ以前にも「アトピーを治したい!」と言う気持ちは強かった。
でもこの入院体験を通じて、 「治したい」と言う漠然とした気持ちが「治せる!」と言う
自信に変わった。

実はこの自信の背景にはひとつの体験があった。
その体験とは断食です。

正直、断食に関しては、メルマガやホームページでは紹介してこなかった。
それは、断食 ⇒ アトピーが治る と早合点する人が必ずいるから。

実は、これは非常に危険な発想だ。
実際、私が体験した断食は、修行僧が行うような厳しい断食じゃない。
その結果、1ヶ月の入院体験を通じて、肌の痒みは劇的に改善した。
これは、今までの感覚とは全く違うものだ。
確かに、肌はカサカサしている。
しかし赤味を帯びた皮膚の炎症は劇的に改善されている。
この時、私は頭をハンマーで殴られたような衝撃を受けた。

「そうなんだ・・・・」
これは同時に、 「オレのアトピーは治る!」と確信できた瞬間だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━          ◇◆◇ 特別なことは必要無い ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
何か特別なコトをすれば、アトピーが治ると思っている人がいます。

○○を食べればアトピーは治る。
○○を食べなければアトピーは治る。
栄養素の○○を吸収すればアトピーは治る。

から始まって、 半身浴をすればアトピーは治る。
ストレスを無くせばアトピーは治る。
肌に○○を塗ればアトピーは治る。
などなど、これも数えればキリがありません。

だったら、断食をすれば、少食にすれば、朝食を抜けば アトピーが治るのかといえば、
これもチョッと違う。 断食や少食、朝食抜くことは、あくまで手段に過ぎない。

つまり断食や少食、朝食を抜いた結果、消化器官の働きが活発化したら、 アレルギー
の活動は沈静化する。
だからアトピーを治す上で大切なことは、まず自分の生活習慣を見直すコト。

そして改善ポイントが分かったら、毎日の生活の延長線上で実行できるレベルに
落とし込み、それを自分なりにプログラム化すること。 難しく考えすぎちゃいけない。
単なる予定表と思えばいいのだ。
アトピーを治す為にやることはたったコレだけ。
本当にたったコレだけの事が実行できれば、アトピーは見事に消える。

後は継続できるか、バカバカしくなって途中で投げ出すかのどちらか。
これだけは忘れないで欲しい。
アトピー克服のカギ。
コレを握っているのは医者でも最先端の医療技術でもない。

このカギを握っているのは他でもない自分自身だ。
結局、私が体験したのは「アトピーは自分との闘い」と言う現実。
痒み対策は大切だ。
しかし大きな「忘れ物」はしないように・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
◆◇ 編集後記 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございました。
断食する場合、くれぐれも信頼できる指導者の下で行ってください。
くどいようですが、断食には危険が伴います。

特にアトピー性皮膚炎を治療する場合、面白ほど結果が出た場合、
「もう少し」「もう少し」と頑張ってしまうかもしれない。
これが危険な行為だと知らずに・・・
だから断食をする際には、必ず指導者の下で行ってくださいね。
私が断食治療を行った京都のT病院は下記のバックナンバーをご覧下さい

克服秘話」へ戻る

↑ PAGE TOP