アトピー性皮膚炎克服への道 | ポイントを押さえる

――――――――――――――――――――――――――――――――――
■      告白!体験者が明かす「アトピー克服の鉄則!」     第38話
□■      ~アトピー克服を支援するメルマガ~       読者数  10,128人
□□■      関連サイト アトピー完治への道!
――――――――――――――――――――――――――――――――――
【このメルマガの趣旨】
あなたのアトピー克服をサポートするのが、このメルマガの使命です。
このメルマガは「どうすればアトピーが治るのか?」と言う疑問に対して、 私自身の
実体験をベースに克服の秘訣を解りやすく紹介しています。 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
飛鳥です。
お盆休みはいかがでしたか?

我が家では、子供が夏休みの宿題に連日苦戦しています。
そんな中、 昨日、家族で大阪南港で「アレグリア」を見学。
この「アレグリア」、 私が抱いていた「サーカス」のイメージとは大違い。

ところでこの「アレグリア」の会場。
サーカスなので、会場は仮設のテント。
これがナント、寒い! ちなみに、昨日の大阪は34度近い気温。
だから最初、会場に入った時、 「涼しい!」 「こりゃーいいわー」って感じ。

ところが、次第に「オイオイ、ちょっとクーラー効き過ぎじゃ?」って。
すると、次第に上着を着始める人も・・・・・
準備のよい女性は、カーディガンを持参。
このカーディガン。アトピーにも結構大事。

何に大事かって?
夏場の「冷え」対策です。
これがアトピーには悪い。
アトピーを治す為には血行不良は大敵。

「冷え」って、一見、冬のイメージが強いでしょ?
でも怖いのは、間違いなく夏場の「冷え」。
クーラーだけの問題じゃない。
身体を冷やす食べ物。
身体を冷やす飲み物。

コレ、アトピーを治す場合、徹底的に注意が必要。
今、この時期に頑張らないと、冬から春にかけて苦労します。
アトピーが症状に出る時、 そういうタイムラグって必ずありますから。
って云う事は、この夏に頑張った人。

来年の春は楽しみですね。
もちろん、その努力を維持した場合ですよ。
夏、頑張った人に春が来る! なんか、受験の話みたい。
でもアトピーを克服するって、そう言う事です。

さて、今回も はじまり はじまり。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
【本日の目次】
・いつまで頑張ればいいの?
・読者からのお便り紹介
・編集後記       
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━          ◇◆◇ いつまで頑張ればいいの? ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 努力しているのに・・・・

「自分では努力しているつもりなのに・・・・」
「いつまで頑張れば、アトピーって治るの?」

今、アトピーを治そうと頑張っている人。
この中には、こんな風に思っている人が必ずいる筈。
って言うか、アトピー患者なら全員かな?

そりゃ、頑張れば頑張るだけ、人間って結果が欲しくなりますよね。
これはアトピーに限った話じゃない。
私だってそうでしたから・・・・

「明日は良くなるかな?」
「この調子だと来週は良くなるだろう。」って・・・・
毎日、アトピーのことばかり。

自分でも、「頑張っているぞ!」って時ほど、肌の調子が気になる。
でもこんな時、意外と症状は変化しない。
逆に、悪化したりする。一方、「頑張っている」なんて意識が無い時ほど、調子が良かったりする。 アトピーは天邪鬼。

コレって、何故だか判ります?
タイムラグ。 つまり時間差があるから。

アトピーって今日頑張ったから、明日、結果が出るって訳じゃない。
「一夜漬け」ってのが絶対に効かない世界。

だから、ホームページでも言ってます。
アトピーとの闘いは、「短期決戦」じゃないって。
1週間や10日程度、死ぬ気で頑張っても無駄。
逆に、こういう頑張り方では、「負け戦」まっしぐら。

アトピーを治す場合、 高校野球の様なトーナメント方式を意識しちゃダメ。
イメージするなら、プロ野球のペナントレース。 コレに限ります。

例えば今年の阪神タイガース。
8月20日現在、 64勝44敗    勝率 5割9部3厘。 どうです?
勝率は6割に満たないけれど、堂々の1位で優勝候補。

コレ、アトピーを克服する場合、もの凄く参考になります。
って言うか、これがアトピー相手に「勝ち戦」をする秘訣です。

わかります? 1年間。
そう、1年間、勝率6割5分を目指して頑張りましょう。
私の場合ですら、 あれだけ重症のアトピーが1年ですっかり良くなっています。
決して、勝率9割を維持した訳じゃないですよ。
(私には、勝率9割の世界はムリでした。)
でも、努力の方向性は間違えないで下さい。
コレばっかりは、どうしようもないですから・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━          ◇◆◇ 読者からのお便り紹介 ◇◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  飛鳥さんの奥さんって?

最近、ご主人がアトピーと言う奥さんから、 メールを頂く機会が増えています。
そこで、こんなメールを頂きました。

>先日、克服レポートを送っていただいた○○です。 
>メールをお送りするのは初めてです。
>早速読ませていただきました。
>息子の高校入学を機にパソコンを購入したので、
>アトピーについて検索を重ねるなか、たくさんの情報の中で、
>完治したという事実を信用できるのは飛鳥さんだけ。
>おっしゃる事も文字の上では理解できたつもりです。

>私と同じ価値観だと思われるところもあります。
>ただ、どうしてもお伺いしたいことがあります。
>飛鳥さんの奥様の協力、努力、ご苦労はいかがなものだったのでしょうか?
>ご自分でとおっしゃいますが、買い物から調理までご自分でなさったのですか。
>あるいは献立、レシピの指示をされていたのでしょうか。家族が皆同じものを、
>それとも別メニューで・・・。

実は、私の場合も、 「妻がいたからアトピーを克服できた。」って事実があります。
ただ私の妻は、 私のアトピーに関しては、静かに見守ってくれたと言う印象。
一緒に買い物や調理はしましたが、食事を別メニューにしたコトは 少なかった様に思います。 今、振り返ると、 妻の存在は精神面で大きな支え。
いつも、「何とかなるよ!」って・・・・
この言葉が、私には何より嬉しかった。

ご夫婦でアトピーと闘っている方って意外と多い。
私のアトピーを克服できたのは間違いなく妻のお陰。
是非、アトピーに勝利して欲しいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
◆◇ 編集後記 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回も当メルマガをご覧頂き有難うございます。
最後に、 読者から頂いた「実体験克服レポート」の感想を紹介。

>飛鳥さん初めまして。
>7月下旬にレポートを申し込んだ○○と申します。
>メルマガのバックナンバーを、読み返すことはしていましたが
>やはり冊子という形になっていると、手にとる事も多くより記憶に
>残るようです。

>私の場合、痒いのは手(特に右)だけなのですが、夜中にムズムズ
>する痒みで起こされひどい時には3時間ぐらい掻き毟る事があり、
>本当に憂鬱でした。
>今まではあきらめていたけれど、逃げ続けるのが嫌になり思い切って、
>レポートを購入したわけですが正解。

>くじけそうになったらページをめくり、便通に気を使う生活を送って
>いたら本当に(失礼な表現ですが)体の調子が良くなり、驚きました。
>最近では手の赤みや腫れが引き、ごわごわだった皮膚が日毎に柔らかく
>なっています。
>これは「手作りローション」のおかげでもあります。

>「もっと早くから作ればよかった~」なんて(^^;;)
>飛鳥さんには及びませんが、いろいろ試してもその場しのぎばかりで
>「完治」なんてありえないと、投げやりになってた日々ともさよなら
>できそうです。 >もう一度、ありがとうございました。
>このメルマガに出会えてよかった。
>暑さが厳しいこの頃ですが、お体には気をつけてください。
>これからも楽しみに読ませてもらいます。それでは、失礼します。

嬉しいメール有難う。
これかも気を抜かず、勝率6割5分を目標に頑張って下さい。
アトピーは必ず克服できますから。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

克服秘話」へ戻る

↑ PAGE TOP