アトピー性皮膚炎克服レポート

アトピー性皮膚炎をどうすれば克服できるのか?
このレポートでは私自身の実体験に基き、その克服方法を紹介しています。

「アトピーが治らず、ホトホト困っています・・・・」
「でも、ステロイドは使いたくないのです。」
ホームページを公開して以来、このようなメールが後を絶ちません。

それにしても不思議です。

医学は、飛躍的な進歩を遂げました。
そして現在、医学は「ハイテク」の時代に入ったと言われます。
それなのにアトピーを始め、アレルギー疾患に苦しむ人の数が減る兆しはありません。

一方、私がアトピーを治した方法は、言わば「超ローテク」。
毎日の生活の中で実行できる「当たり前」のことばかり。
お金なんて掛からない。

もちろん、ここに至るまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。
まさに失敗と挫折の連続。とにかく何をやってもダメなのです。
こうなると、もう人生そのものが悪循環ですね。

そんな私が今、アトピーとは全く無縁の生活を送っています。

「改善しました!」とか「マシになりました!」と言う話をしているのではありません。
「18年間苦しんだ重症の成人型アトピーを治した」と言う話をしています。
事実、私のアトピーは今日まで一度も再発していません。
そんな私がアトピーを治して、つくづく感じることがあります。

それは、

アトピー性皮膚炎は、『自分で治す病気』だと言うことです。

でも誤解しないで下さいね。
私は、医療機関を否定しているのではありませんから。
医療機関とは本当にありがたい存在です。また医療制度も絶対に必要です。
それを前提にして、「自分がやるべきことをしっかりやろう!」って話です。
従って、私のやり方を「まぐれ」と見るか「新たな可能性」と見るか、それはこの
レポートを読まれた方の判断にお任せします。

ただひとつだけ、ハッキリ言っておきたいことがあります。
それは、アトピー性皮膚炎が『不治の病ではない』と言うことです。

一般的に、重症化した成人型のアトピーは完治が極めて難しいと言われています。
事実、アトピー性皮膚炎と言う病気は、今もその原因が特定されていません。

普通、何か問題が生じた場合、私達はその原因を見極めて対策しようとしますが、
その原因が特定できないと、問題解決は難しと考えがちになります。

病気・疾患の類もしかり。
原因を究明してから対策、つまり治療法を確立しようと試みます。
このアプローチは間違っていないでしょう。しかしながら私がここで言いたいのは、
原因が分からないからと言って、『諦めるのは早い』と言うこと。

何故なら、
「原因を究明すること」と「問題を解決すること」が、常に同じとは限らないからです。
原因が特定されていなくても、アトピーは治せるのです。
このことは、私自身が身を持って体験しました。

『アトピーを治す』
このことだけを考えた場合、患者にとっては原因の究明よりもっと大切なことがあります。
それは、身近な日々の生活習慣に目を向けることです。

私達は、起きて、食事して、仕事して、排泄して、眠る、と言う毎日を繰返していますが、
どんな重症化したアトピーも、その解決策はこの日々の生活習慣の中にあるからです。

食べて、排泄して、眠る。

これらは普段、あまり気にせず無意識に行っている場合が多いですね。
しかしながら私達を苦しめる健康上の問題の多くは、こんな無意識の内で素通りされがちな
日々の生活習慣の中に潜んでいたりします。

食べた物をすっきり排泄して、夜はぐっすり眠る。

これは表現を変えると「快食」「快便」「快眠」ですが、この「快食」「快便」「快眠」は
昔から健康の基本と言い伝えられてきました。そして何より私自身、この3つの実践により
重症化したアトピーを治すことが出来ましたが、それはアトピーを治すと言うより、むしろ
健康な体を取り戻すための取組みだった気がします。
いずれにせよ、『アトピーは自分で治す病気』と言う私の考え方の根本もここにあります。

私達の悩みや苦しみ。
それを解決する糸口は、いつも身近な所にあるのかもしれません。
今、アトピーに苦しんでいる人、悩んでいる人、私の経験が少しでも役に立てれば幸いです。

諦めずに、頑張ってくださいね。

飛鳥 旬

↑ PAGE TOP